三優労務行政コンサルタンツ 電話0562-93-7270
ホーム > 会社を守る就業規則作成
無料小冊子プレゼント中
詳しくはこちら
三優労務行政コンサルタンツ
    愛知県豊明市間米町
    鶴根1212-80
    キリシマ.BLD
    TEL:0562-93-7270
    FAX:0562-95-0667
会社を守る就業規則作成
経営者のための『会社を守る就業規則』の作成を支援します!
会社を守る法律がない!?

近年は、インタ−ネットの普及、社員の権利意識の変化などにより、労働基準法を完全に満たした就業管理を行わなければ社員との協調関係を維持できない時代になりました。

不良社員への対応、突然の合同労組(ユニオン)からの団体交渉など人事労務管理面において押し寄せるリスクは無限に増加しています。

いざ、労使間のトラブルが起こると、労働者は労働基準法という労働者保護の法律により強く守られています。
しかし、それに対して、会社(経営者)を守ってくれる法律はありません!

形だけの就業規則では会社を守れない?

私どもにご相談にこられる会社のほとんどは、数年前に定めた、現状の社内の勤務実態(労働条件)に適合していない“形だけの就業規則”を作成して、届出をしてしまっています。

もし、あなたの会社の就業規則が、以下のいずれかに類似した経緯で作成されたものであれば、すぐにでも見直しをおすすめします。 労働法のプロのノウハウでサポ−ト致します。

ここでは、ご相談にこられる会社の代表的なケースをご紹介します。

会社の代表的なケースイメージ

上記のような状況では、いざ、労使間でのトラブルが発生すると、会社の実態を反映していないために、就業規則で会社を守ることが出来ません。


『会社を守る就業規則』とはトラブル防止と意識改革の基礎です!

では、どのような『就業規則』が必要なのでしょうか?社員をルールで縛りつけるのでしょうか?

いいえ、そうではありません。

本当に重要なことは、自社の就業実態を反映したリスク対応型の戦略的な「会社を守る就業規則」を制定することです。

私どもでは、『勤務実態の正しい把握』・『将来起こりうる問題・リスクの洗い出し』を行った上で、労働法に基づいて、『会社を守る就業規則』の作成支援を行っています。

会社と社員の関係は、「労働契約(雇用契約)」に基づき成立しています。市民法の原則である「契約自由の原則(私的自治の原則)」によるものですから、就業規則こそが会社運営の要であり、会社の憲法としての役割を果たすのです。

『就業規則』見直しの必要を感じたら!

    解雇、サービス残業問題、リストラ、情報漏えい、精神疾患による休職満了解雇など、様々な労使トラブルが増加する昨今、会社独自の特色を盛り込み、かつ経営リスクの発生を回避できる『会社を守る就業規則』の作成が必須です。

いま一度貴社の就業規則を読み返してください。

そして少しでも不安に思ったら、当サイトの無料相談をご利用ください。専門の就業規則コンサルタントである特定社会保険労務士が貴社の疑問にお答えいたします。

無料相談受付中!